平成28年熊本地震について

同じ熊本県に在住の皆様におかれましては、大変な状況になりました事、心よりお見舞い申し上げます。

また、熊本県のために、多数のお心づかいと救援物資等を行っていただいている皆様には本当に感謝しています。

私個人、特に大きな被害もなく、どうにか通常と変わらない日常を送らせていただいており、まずは身内や身近な人の為に、できることを行いながら、仕事を行わせていただいております。本来なら、各所へ出向きボランティア等を行いたい気持ちもあるのですが、今は、自分ができる仕事(災害復旧にむけての測量と設計)を迅速に行い、一刻も早く地震前の熊本に戻る力になることが自分の役目と思いがんばることにしました。

みなさまも、あまり遠い将来だけを見つめることなく、今、目の前で自分ができることだけを、自分のペースで動くことで十分だと思います。その気持ちがみんなにつたわりいひとつひとつの点が大きな輪になるんだと信じます。

まだまだ、過酷な状況下での生活を余儀なくされている皆様もいらっしゃいますが、是非、あきらめず着実に半歩づつ、みんなで手をつなぎ明るい熊本に歩いていきましょう。